自分が出世することで

上ばかりみないで、足元もみることが大切なんです。
足元をみないから、つまずいちゃいます。

「出世したい」という欲は大切なんです。
まずは「主任になろう」。
そのために、人一倍の努力をします。

主任になったのなら、では次の上を目指すのではありません。
下の人に教えるんです。
主任のなりかたを教えます。
すると土台ができる。
土台ができるから、また上にあがれるんです。

高いビルほど、土台って大切になりますよね。
土台って、下の人で、ただ上にのしあがることだけ考えると、足元から不満というグラツキがきます。
自分が出世をしたことで、自分もよく、部下もよく、そして会社全体がよくなることを考えます。
それがまず、下の人に教えてあげることなんだと思います。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ』サンマーク出版

スポンサーサイト

コメント