すべてがプレゼント

すべての感情は神さまからのプレゼントだそうです。
うれしいとき、楽しいときだけがプレゼントではありません。

苦しくてどうしようもないとき。
腹がたち、怒りくるっているとき。
悲しくて涙がとめどもなくあふれでるとき。
そんな感情って、だれでも経験があるでしょう。

一見、負の感情にみえるのもまた、神さまからのプレゼントなんです。
悲しいのがいけないのではありません。
悲しかったのなら、人への思いやりを感じてください。
腹がたつことも、苦しさを味わうことも同じ。
だから心コロコロといい、その移り変わりやすい心理のなか、人は喜怒哀楽をしり、いたわりを学べるんです。
その学びが、人柄となってでてきます。

不幸の感情をどうするかも、その人それぞれ。
ただ、「自分の意思」でどれだけでも大きくさることができます。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人 高津りえ『斎藤一人 すべての感情は神様からの贈り物』廣済堂出版

スポンサーサイト

コメント