いろんな発想がある

世の中は、良くなっています。
信じられなくても、大丈夫。
ちゃ〜んと信じられる人が、世の中を生成発展させてくれています。

信じられない人は、そうじゃない人がいること。
つまり、当たり前のように「未来はよくなる」と思っている人がいると、知ってください。
まずはそれだけで、いいと思います。

知ると知らないとでは、結果が違ってくるんです。
実験で、お医者さんに薬ではない、粒状のものをもらいます。
薬じゃないって、ちゃ〜んと種明かししてもらい、その理由を説明してもららい服用すると、薬みたいな効果があったようです。

すぐに「未来がだんだんよくなる」なんて信じられなくても、そういう発想にちょっとずつふれる。
それがどういうことか、歴史的な視点やマクロの視点・・・自分にとってわかりやすい視野を知るといいでしょう。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『変な人が書いた人生の哲学』PHP

スポンサーサイト

コメント