あなたの宝のいばしょ

夢でも目標でも、自分が本気で思うことが大切です。
「自分」の思いがのらないと、熱は入らないでしょう。
改良しようなんて気にならないと思います。
やればやるほど、疲れるのです。
と、「自分」を大切にしない弊害ばかり並べてしまいました(笑)

なんとなく「やっぱり、頭がよくないとダメだよね」
「やっぱり仕事しないとダメだよね」
たしかに、頭がいいとか、仕事をしてるのはいいですよね。

でも、頭がよくなくても、今でもちゃ〜んと生きている。
仕事してなくて、例えば今ニートでも生きているなら、それってすごいですよね。
つまり、○○ならいいし、○○じゃないからイヤな思いもしました。
でも、変わってないということ、それほど困まらない、もしくは変えようとしてもムリだったのではと思います。

「やっぱり」に続く言葉は、できない、やらない言い訳なんです。
もしかすると、そこが強みになるのかもしれません。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『変な人が書いた人生の哲学』PHP

スポンサーサイト

コメント