へっこんでても大丈夫

人の総面積は決まっているそうです。
なにかがずば抜けている人は、反対側がひどくへっこんでいます。

へっこんでいるのをどうこうすると、普通の人になるんです。
そして、へっこんでる人をみて、それはおかしいからって普通の人にするのも余計なお世話になります。

例えばですが、私の上司は物の気持ちはわかんです。
ちょっと電気のコードを踏もうものなら、「あー!」と大きな声を出されて、その声にビックリします。
これはこうして、ああしてって扱ってと、まあ細かい。
ですが、人の気持ちが見事なまでに分からない。
空気を読めない感じは、一緒にいると居たたまれなくなるんです。
ですが、これが神様から与えられた個性なのでしょう。

最近は色んな発達生涯がわかってきました。
それは人を変えるないことに役に立ちます。
つまり、でこぼこしていても生きやすくなっていると思います。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『仕事はおもしろい』マキノ出版

スポンサーサイト

コメント