心が楽しさを感じる

神道の考え方は、おもしろく、楽しく、すずやかなんだそうです。

おもしろいは面白いで、顔が白い。
反対は顔が暗いので、顔が白いは表情が明るいということを表します。

楽しいは、てのびしいというそうです。
手が自由に伸ばせれます
つまり、しばりがない。

ディズニーランドに行くと楽しいんです。
あそこは夢の世界。
いい年したおっちゃんも、ミッキーの耳をつけたりしてます。
子供を喜ばすためだとしてと、ミッキーの耳をつけて街中を歩けません。

それだけ、なんでもゆるされる空間。
自由なんです。

ディズニーランドでミッキーの耳をつけてるおっちゃんの本心って、もっと好き勝手な格好をしたいのかもしれません。

楽しいって、自分の自由意思でできる。
自分の素直な心をだせれからこそ、楽しいと感じるのではないでしょうか。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『普通はつらいよ』マキノ出版

スポンサーサイト

コメント