恥ずかしがらない

なにめるとき、千回続けるといいんです。
千という数字には不思議な力があるそうです。

なにを千回やればいいかって、笑顔でも天国言葉でも、なんでもいいでしょう。
とにかく、千回。
千回いったとこらから、いいことが始まります。

そのいいことを、自分のものにするか、はたまたチャンスを逃がすかは、あなた次第になります。

つまり、自分が変わるとき、抵抗があるんです。
変な目で見られたくないなら、そのままでしょう。

ちょっとくらい、変人に見られてもいいと思えば、抵抗を上昇の力に変えれます。
なにかすると、動くんです。
あなたが動作をすれば空気が動くように、あなたが変わるとき、動きます。
抵抗や摩擦が生じるんです。
恥ずかしいとか、イチイチ怒ったりしなけば、高く舞い上がるためのアイテムになります。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『絶対成功する千回の法則』講談社

スポンサーサイト

コメント