時代はうつる

「脳の時代」から「魂の時代」になりました。
「魂の時代」はよく聞きます。
ホントのことがわかる時代です。

では「脳の時代」というのは、平たく言うと今までの時代。
脳が主人かのように、脳のいいなりだった時代です。
そのことがわかってくるのが「魂の時代」。

「魂の時代」になったからには、いつまでも使用人に使われててはいけません。
「おかしい」と思わないといけないんです。
「どのように?」ではなく、ただ「おかしい」。
「おかしい」と言っていればいいんです。
「どのように、おかしいか」を考えると自分への間違いを探しになります。
それが自分へのダメ出しつながるんです。

「おかしい」と言っていると、「どうすればいいか」を考えるようになります。
あなたを発展されるのに、すごく言霊になると思います。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『成功脳』KKロングセラーズ

スポンサーサイト

コメント