子供は成功するヒミツを知っている

楽しくやれば、失敗なんか恐れなくなります。
失敗も負けても、またどんどん挑戦すんです。
つまり、プレッシャーは必要ありません。

子供のころ、自転車の乗り方を覚えたとき、ひたすら褒められました。
転んで、膝こぞうをケガしても、もっともっと練習したかった。
足が地面から離れる時間が、ちょっとずつ伸びるんです。
ペダルの上に両足をのせこぐ時間が、少しずつ増える。
その度に褒めてもらい、自分でも顔晴ってるのが分かって楽しかった。

自転車で転んでも、すぐに足を着いても怒られなかったし、プレッシャーも与えられませんでした。
だから自由にできて、早く自転車に乗れるようになりました。

つまり、楽しんでいるだけで勝ち。
我慢してやってないから、追い込まれず、やめたくなかったんです。
つらいと、やめたくなるし、やめた後の解放感で2度とやりたくなるでしょう。
楽しければ、勝ってに成長します。
ホントは子供のころに知っていたんです。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『必ず成功する例外思考』KADOKAWA

スポンサーサイト

コメント