仕事は助けてくれる

仕事って、それ自体が人を助けてくれます。

なにか辛いことがあったとき。
悲しいこと、苦しいことがあったとき。
仕事をしていれば気がまぎれるんです。

仕事をしてないの、そのことばかりを考えちゃいます。
それで余計に落ち込むんです。

昔面倒をみていたネコが腎不全の末期でした。
悲しいし、そこまで放っておいた自分を責めてたんです。
でも仕事中はそんなこと顔に出せれません。

ある日の出勤する直前、そのネコが亡くなりました。
亡くなり方が、またやさしくて、私に心配かけないようにしてたんだなと思ったんです。
それでまた泣けてくる(笑)
仕事をしてても、ふと気が緩むと涙がでる。

でも、仕事をしてたおかげで、気持ちをしっかり持つことができました。
もし仕事をしてなければ、ただただ悲しんでどうにかなったかもしれません。

仕事、それ自体が助けてくれました。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com
まるかんのお店 美来

参照:斎藤一人『仕事はおもいしろい』マキノ出版

スポンサーサイト

コメント