イヤなことの乗り越えかた

生きていると、イヤなことが起こります。
逆境や困難、挫折です。
それは神様からのお試しテストだと言われます。

神様からのテストなら、ぜひ合格したいです。
そうならば、避けたり、なかったことにしてはいけません。

イヤなことはつらいんです。
それは「不快」にあたります。
私たちは苦難にでくわすと乗り越えるより、つい「快楽」をあたえて帳消しをしようとます。
買い物をしたり、やけ食いなんかがそれです。

例えばですが、誰かな背中を叩かれると痛く赤くなるんです。
体の中では炎症が起きてます。
その不快さを楽しくお買い物をすれば収まるか?
そんなことはまずありません。
炎症をおさえないといけないんです。

そのために自分の内側に感じる不快な感情を知ることです。
感情にいいも悪いもありません。
イヤな感情も、いずれあなた成長につながり、その経験が人助けにつながります。
ムリにわすれたり、ごまかすのはもったいない。

悲しいなら悲しむ。
すると自分の感情を受け入れ、なぜ心に炎症が起きているか見えてきます。
それが逆境を乗り越える近道なんです。


参照:エリザベス・ダン ロバート・ビスワス=ディーナー『「幸せ」について知っておきたい5つのこと』中経出版

スポンサーサイト

コメント