与えるからうまくいく

無償の愛って必要です。
人に与えることが好きな人は、ギバーといいます。
ギバーの人こそ成功しますが、なぜかうまくいかない人が多いのも特徴です。
なんかうまく利用されちゃいます。

テイカーって、とにかく自己中で自分がやったこと以上に受けとることが得意なんだす。
そしてテイカーは愛想がいい。

詐欺師やぺてん師になぜひっかかるかって、愛想がいいからお人好しのギバーをカンタンにだませちゃいます。

ですがギバーって、本当は直感的に人を見抜けるんです。
相手がなにを望んでいるかとか、真意を見極めたり、人を正確に判断できます。
だから与えることが得意なんです。

ギバーは、ちょっとした違和感、疑うことを後回しにします。
テイカーの下心に、なんとなく気がついていても、見て見ぬふりをしてしまうのです。

つまり、自己犠牲。
自分の直感を疑う。
それは自分を大切にしないのと同じこと。
自分のことは大切にしないと、うまくはいかなきません。

与えることが好きな人は、真実を見抜く力があります。
その自分を信じられると、うまくいくのです。

参照:アダム・グラント 楠木 健 訳『GIVE&TAKE』三笠書房

スポンサーサイト

コメント