自分に都合良く

自分をたのしませると、神様はよろこびます。
そのために『妄想』するんです。

『妄想』って、自分を楽しませること。
自分を楽しませれないで、人を楽しませるのとはできません。

どんなときでも、上気元でいることが大切なんです。
イヤなこと、不愉快なこと、不安になることって、目に飛びこんできたり耳にしたりします。

ニュースを見なくても、お客さんから話をふられたり、電車の中で誰かが会話をしていたり。
気にならないならステキなことですが、ついひっかかってしまう。

そんなとき、『妄想』します。
自分の都合のいいことを想像するのです。
誰の迷惑にもなりません。
『妄想』を人に話す必要なんてないのです。

例えば何かの事件が気になるなら、自分がハリウッドスターの気分になり、その事件を解決しているとこを考えてみる。
解決したら、どれだけモテるかとか妄想します。

『妄想』なんで、なんでもいい。
とにかく自分が楽しくなることを考えると、自分にやさしくできます。


参照:斎藤一人『使命』KADOKAWA

スポンサーサイト

コメント