ほめる

人をほめると、自分にかえってきます。
だから、どんどんほめましょう(笑)

ほめるって、相手のことをみてないとほめれないんです。
ただうわっつらの結果だけほめる。
いいんですよ。

でも、これを子育てでやってしまうと、お子さんは失敗から学べれなくなるんです。
なんでかって、いい結果をほめる。
それは才能。
才能って持ってうまれたもの。

すると失敗する。
「才能がないんだ」となります。

いい結果なら、どこをどうゆうふうに工夫したか。
そこをほめる。
こだわったポイントをわかってあげる。

これは仕事でも同じです。

いい結果をだしているなら、それ相当の努力があります。
そこに気がついてあげると、いい人間関係につながるんです。

スポンサーサイト

コメント