行動の勘違い

真実を見抜くめが大切です。
ついキャッチフレーズに踊らされていまいますが、ホントのスピリチュアルが身に付いてる人は見極められます。

環境にやらさいことで、小さなエコをやると、企業にしても個人レベルでも罪悪感を鈍らせるという研究結果があるんです。

節電の電球に買い換えたから、ちょっと自分にごほうび。
そもそもエネルギーの消費がお金に代わっているだけになります。
いつもたくさんの排気ガスをだすから、環境プロジェクトに寄付しよう。
これでチャラにしています。

なんでって、本当は環境にそんなに興味のない自分勝手な自分を認めたくないんです。

1つしか必要なくても、2つ買えばもう1つプレゼント。
するとついつい買ってしまいまし。
そもそも3つも必要ないのに買うのは、経済観念がないなをごまかして「いい買い物をした」気になります。

正しさばかり気にしているから、ホントのことがわからなくなっているんです。

スピリチュアルって、見えないものが見えるとか、霊とお話できるのではありません。
行動を勘違いしていたら、いつまでも変わりません。

ちゃんと行動していれば真実を見抜ける眼力がつきます。
真実のスピリチュアルを積み重ねているかどうかは、自分で判断できるんです。


参照:ケリー・マクゴニガル 神崎朗子 訳『スタンフォードの自分を変える教室』だいわ文庫

スポンサーサイト

コメント