幸せになるお金の使い方

私たちはお互いに影響しあっています。
魅力的な人といれば、あなたもしれないうちに魅力的になるんです。

もちろん逆もあります。
ストリートチルドレンは、環境から人生になげやりになるんです。

よくなりたいと願っても、1人てはなかなか変化しにくくなります。
だからこそ仲間が必要なんです。

いい話を聞けて自分もやろうと決意するのに日常に戻るとその決意はどこえやら。
天国言葉すら、なかなか言えません。
つまり経験をわかち合える仲間がいることで、お互いにがんばろうと思えます。

スタンフォード大学では、講座が終わった後から、自分の目標などを講座仲間とメールで報告しあったそうです。
すると「報告しなきゃいけないから、言ったからにはやらないと」
まぁ義務感はいなめませんがお互いに影響仕合い、支え合う関係になります。

これを一生続けるかと思うかもしれませんが、行動することがクセになれば、もう誰かに報告しなくても大丈夫になります。
私たちは思っている以上に、相手の言動や信念を吸収しているんです。
だからこそ、志が一緒の仲間とつながることは大切。
また自分が相手にどんな影響を与えるか意識するとよりいい方向に舵をきれるのです。

参照:ケリー・マクゴニガル 神崎朗子 訳『スタンフォードの自分を変える授業』だいわ文庫

スポンサーサイト

コメント