イヤなことを小さくするコツ

快適さや効率ばかり求めると、ストレスを増やしているかもしれません。

今や子供の遊具は、安全性がしっかりしていんです。
昔の遊具って、ホントに危険がいっぱい(笑)
その遊具を、今のプラステック製ではなく樽やタイヤなどにかえたとき、意外な結果になりました。

子供たちは、自分たちで考えながら遊び、危ないことはお互いに助け合いながら、今まで以上に活発で生き生きしてたそうです。

だから昔のおもちゃは素晴らしいという話ではありません。

私たちはつい、不快さを避けようとします。
見て見ぬふりをするんです。

ですが逆境や困難なこと、挫折を受け入れ、向き合うことのほうが、不快さは小さくなる。
ホントの幸せへの近道になります。


参照:エリザベス・ダン ロバート・ビスワス=ディーナー『「幸せ」について知っておきたい5つのこと』中経出版

スポンサーサイト

コメント