ホントの好きをえらぶ

11月も終わりに近づいてきました。
大掃除の時期になり、このきかいに断捨離をする人も多いでしょう。
私はモチベーションを高めるために、掃除の本を買いました(笑)

断捨離して、ホントに大切なものだけをえらぶ。
それは時短にもなりますし、なにより毎日がスッキリします。

それは思考も同じです。
気がちっていると、つい余計なものまで買ってしまいまうという統計がでています。

メールをしながら買い物をすると、判断力がにぶり、余計なものまで買ってしまうんです。
例えばなにか思い出そうとしていると、考えごとをしてる人より果物よりチョコレートケーキを選びます。

考えごとでいっぱいだと、自分本来の目的を忘れ、誘惑に負けてしまうんです。

だからできるだけ、頭の中はシンプルがいい。
そのあらわれが部屋の中。
断捨離をしながら、あなたがホントに好きなもの、大切にしているもの、
そういうものを考える時間をもつことで、素直なあなたの心を気づけると思います。

参照:ケリー・マクゴニガル 神崎朗子『スタンフォードの自分を変える教室』だいわ文庫

スポンサーサイト

コメント