原因に対しての決意が大切

原因があるから結果があります。
結果に対して決意するのはカンタンです。
でも、そこに決意を決めているから失敗します。

なんでかって、結果だけを追いもとめているからです。

「1億円ためるぞ!」
いい決意ですよね。
ワクワクします。
だれだって結果が欲しく努力したり、変わろうとするんです。

じゃあそのために、なにをする?
寝るまを惜しんで働く。
休みなしに働く。
そんな決意をだれだがしますか?
でも、それが原因なんです。

「ついてる」って毎日いう。
グチを言わない。
毎日していても、神さまのお試しがあります。
ちょ〜腹立つことがあって、グチっちゃう(笑)

何回かあり、それで言わなくなったとします。
今度のお試し試験は高度です、
腹立つ人が上司になりて、カンタンには離れられない。
それでもやり続ける。

ようは、やっちゃうしかないのです。
どんな逆境がきても、言い続けるしかない。
グチを言わないことを、し続けるしかない。
開きなおる。
その原因を追及するのではなく、あきらめる。
明らかに眺める。
そして、ただやり続ける。
いちいち考えず、どんどん改良してやり続けることに対して決意をすることです。

参照:ジェームス・スキナー『100%すべての夢を叶えてくれる・・・たったひとつの原則』サンマーク出版

スポンサーサイト

コメント