受け入れるからバランスがうまれる

グレーゾーンは大切です。
そこを受け止められるからこそ、人生はよくなります。

例えば人は病気になるんです。
私も風邪をひきました。
風邪をひとくどうするかというと、風邪を直そうとします。
つまり風邪をなくそうと追い払うんです。
風邪が100なら、0にしようと一生懸命になります。

ちょっとした風邪なら、すぐ治るんです。
でもまた、風邪をひきます。
なんでって、風邪がイヤだと言いながら、風邪という種をまいているんです。
病気を追いかけいます。

なんで風邪をひいたかといえば、例えば忙しいさにかまけて自分をいたわらなかった。
だから風邪をひいて休む必要があるんです。
ホントは休みたかった。
そこに気がつけば、次から少しは注意できます。
100になる前の途中経過で、できることがあるのです。

病気だけでなく、自分のクセも同じです。
悪いクセをむやみやたらに追い払おうとすると、逆にそのクセは強化されます。
悪い種を巻き続けるのです。

ただ100だと思うから悪いだけで、50ならそれほど気にならないかもしれません。
悪いものは徹底的に排除するのではなく、途中で気がつけば、案外と受け入れられる。
受け入れられると、直しやすい。
本格的に風邪をひいてしまう前に、体調の変化に気がつけば風邪にはなりません。

それと同じで、なんでも0か100では見て見ぬふりをしているので、あまり改良はされません。
100なら100で、0にするのではなく99にするから、98になるのです。
シーソーの右か左ではなく、右に寄りすぎたと気がつけるから、中央を目指せます。
0にしようと左にいけば、またかたよるんです。
そのために、否定するのではなく受け入れること。
グレーゾーンを知るから、人はバランスをとりながら成長していけます。