仲間がいるから

仲間って、いるだけで心強くなる存在だと思います。
「失敗しても、同じように挑戦してる仲間がいる」
そう思えるだけ、落ち込む時間がへるんです。

一般には、仲間っていつも一緒にいる、気のあう人だと思われています。
ただ天道にいる神様は、いつも一緒にいるわけではないらしいんです。

たとえば古事記です。
それぞれの神様に、さまざまな役割があります。
おのおのが自分の仕事をまっとうしています。
まるで個性は違うんです。

たしかに、べたべたといつも一緒の仲良しこよしといのではありません。
なんですが、みんなつながっているのが伝わってきます。

それが仲間で、本当にお互いが尊重しあった存在なのでしょう。

お問い合わせ :
info@egao-genki-kansya.com