脚本

自分の人生の脚本は、変えられるんですよ。
宿命と運命があって、人生の脚本は運命になります。
ただ宿命は、変えられないんです。

宿命って、この家に生まれた。
この容姿で生まれた。
女性として生まれた。
ようは、もって生まれたものなんです。
それは自分で選んで生まれてきました。

「自分で選らぶのならもっとキレイに生まれてるはず」
と言いたい気持ちはわかりが、本当に自分で選択したんです。
その宿命をどういかすかになります。

なかなか受け入れられないんです。
認めれないから、運命が変わらないんです。
でも自分で乗り越えられるから、自分を信じるしかありません。

宿命と運命の違いを、1度聞いて「あ、そういうこと!」とはならないんです。
今美来の塾長が一生懸命に説明してくれてます。
私たちは何度も何度も聞いて、そして実践しがら少しずつ意味がわかっていくんです。

お問い合わせ:
info@egao-genki-kansya.com

参照:斎藤一人「しあわせを招くねこ」KKロングセラーズ