威勢のいい人たち☆

私が学校の先生の不信感がなくなったように、その原因に気づけば、たしかに不信感はなくなったんです。

ただなくなったのは、先生への不信感だけなんです(笑)
相変わらずの不幸クセ。

みんな、だれもがたくさんの深い傷をおってるんです。
たくさんありすぎて、
「いちいち1つずつ解決できるか!」
っていう、威勢のいい人たちが美来に集まっているんです(笑)

傷があるのはあたりまえ。
その傷を大切に1つ1つ思いだして宝にかえる。
それはそれで有効な手段。
なんですが、たくさん傷があっても、どうやって楽しく生きていくかなんです。
傷を認めた上で、どうやって生きていくか。
傷と見て見ぬふりではなく、かといって傷と向かうのではないんです。

入塾希望は : info@egao-genki-kansya.com