人生を輝かせる

もっと自由に生きると、楽しくなります。
だれもが自由に生きていいんです。

それでも世間体やいろんなことに縛られます。
でもそれは、あなたが自分で自分を縛っているのです。

実際に、世間体など気にせずに自由奔放に生きてる人がいます。
なぜそれができるかというと、自分を大切にして生きているからです。

逆にいえば、自分で自分を縛るのは、自分を大切にしていない。
尊重できていなからでしょう。

私たちは日常、ウワサ話なんかを聞いたり、人に伝えたりします。
これをするから、自分で自分を窮屈にするんです。
「あそこのコは・・」「あそこのご主人・・」
そういうことを言うから、あなたはただしく立派に生きなきゃならなくなります。

でも、ちょっと考えてみてください。
そのウワサ話って、そんなにダメなことなのでしょうか?
そのことで、あなたは何を困るのですか?

隣の子どもが学校に行かないとして、それをどうするかは子ども自身が決めること。
子どもの人生なんですから、だれかがとやかく言うことではありません。

つまり、自分の人生に責任をもつこと。
目の前のことを一生懸命やっていれば、他の人のことは気になりません。
もっと自由になりたいのなら、自分の人生の責任をすべておうこと。
それだけで、人生は輝いてきます。

参照:信長『斎藤一人 自由力』信長出版