色々な治療

保木井さんは、7年前に腎細胞ガンでステージ3Bの告知を受け、右腎摘出術をうけました。

3年後に肺に転移で、抗がん剤が開始。
これは相当副作用がキツかったようで、いつも明るい保木井さんですが、こればっかりは思い出すのも辛いようです。

そして今年の夏には3度の入院。
最初は物が2重に見えるということで病院に行き、脳出血がわかり手術を受け、
比較的すぐに退院いたもののすぐに1ヶ月程の再入院となりました。

そして又痙攣を起き、2回入院したところが休診で別の病院に行ったんです。
そこでガンの転移が発覚し、サイバーナイフの治療を受けたんです。
渡辺 幸

入塾希望は:info@egao-genki-kansya.com