商売で大切なのは、やっぱりコレ

どれだけよい品物やサービスを用意しても、お客さんに買ってもらえなければ商売になりません。

最近ではインターネットの利用が増えて、私もよくポチポチしてます。とはいえ、やっぱり「人」と「人」なのです。

対面販売が成功するかどうかは、売り手の魅力になります。でも力を入れるのはディスプレーの仕方やいい商品、飲食店なら美味しい料理に雰囲気づくり、立地条件などを思い浮かべるのが普通です。

新規獲得となれば、珍しい品物や雰囲気づくり、インスタ映えをねらえばいいでしょう。

ただ「また」来てもらうには「人」が大切になります。

インターネットなら関係ないかと思われますが、例えば服など試着しないとわからない部分があるので、必ずしも対面がいらないとはなりません。

またインターネットにおいて、例えば手違いがあったとき、対面以上に気をつけないと冷たい印象を与えるのです。するともう二度買ってくれなくなります。

つまり、どんな仕事でも人としての魅力、品性を高めることが大切になるのです。

廣池千九郎 著 廣池幹堂 編『「三方よし」の経営学』 PHP