遅くなってよかった

朝から布団干しをしました。冬物のカバーや毛布は洗い、やっとカラッカッラに干すことができたんです。

「カビがはえそう」

と思いながらも、なんだかんだと寒いときもあり、7月になっても冬物の布団を何度か使いました。ということは、必要があったんですね(笑)

そういえば、どこかに向かう途中、予期せぬアクシデントにあい遅刻確定。ですが、遅れたため、大事故を免れたり、人との出会いがあったりします。

つまり、予め立てた予定より遅くなったおかげて、いいことがあった。

これが神様の時間調整というんだそうです。

もちろん、すべてが目に見えてわかるものではありません。後から気づけることもあるようです。だから、遅くなったとイライラせずにいると、いいことに気づけるよ、ということでしょう。

ということは、冬物の布団をなかなか片付けれなかったのは、神様の時間調整?

そう考えると、楽しくなります。