次の手を出すには

「成功するよりも、これが成功だと思うことが大切なんです」
できなかったこと、やらなかったこと、失敗したことを言いわけするのとは違うんです。

なにが違うかって、気持ちがまるで違うんです。
言いわけを聞かされる人はもちろん、
言いわけをいってる人の心もイヤなものなんです。

スポーツ選手がインタビューを受けるとき、負けてても清々しいんです。
うまくいかなかったのは現実。
その現実を受けいれて、それでどうしたらよいかを考える。
そして次の手を出すんです。
「これではダメだ」と素直に思えば、やめることもあります。

なんでも、ただ続けるだけではないんです。
それをするから失敗が大きくなるんです。
それで挑戦することが恐くなっちゃう。
もちろんそれも、大切な学び。
向上するための必要な経験なんでよね。
渡辺 幸

入塾希望は : info@egao-genki-kansya.com

「天」柴村恵美子(サンマーク出版)